いまさら聞きづらい!PhotoShopマスク機能の基本!



こんにちは!今回はPhotoShopの便利機能マスク機能についての紹介です。

マスク機能って何?

PhotoShopで画像を直接加工すると、加工した部分のみの表示になります。
この場合、同じ画像を後日もう一度加工し直して欲しいとなった場合、元画像から再度加工し直さなければならなくなってしまいます。
こういった際マスク機能を使ってデータを作っておけば元画像はそのままに、再度隠加工し直す事が出来ます。
つまり修正に強いデータが作れるという事です。

マスク機能を使ってみよう!

  1. 元画像を用意します。
  2. 今回は背景レイヤーを加工するので、背景レイヤーをダブルクリックして、レイヤーをアクティブな状態にします。
  3. レイヤーパレットの中から四角に丸がついた「マスクを追加」を選んで追加します。
  4. マスクを追加すると、画像の横にマスクのアイコンが出ます。白いかぎ括弧で囲ってある方が現在選択されている画面です。この際、元画像の方を選択したまま加工すると、直接元画像が変わってしまうので、必ずマスクの方が選択されている事を確認して作業してください。
  5. マスクのアイコンが選択されている事を確認したら、隠したい部分に選択範囲を作ります。マスク機能では黒から白へのグラデーション機能と塗りつぶし機能が使えます。隠したい部分は黒100%で完全な透明になります。白100%の場合は透明度は0%です。グレーで塗りつぶした場合はグレーの濃度と透明度が比例します。

マスク機能表示・非表示

  1. マスクアイコンを右クリックすると、マスクの表示・非表示を切り替える事が出来ます。
  2. 非表示にすると加工前の画像がそのまま残っている事が分かります。
  3. 表示した場合はこんな感じです。

マスク機能のリンク解除

  • 画像アイコンとマスクアイコンの間にある、8の数字の様なアイコンをクリックするとリンクが外れます
  • リンクを外すと元画像と連携しなくなるので、マスク部分単独で動かせる様になります。

    マスク機能の基本は以上です!
    覚えるととても便利な機能なので、是非やってみて欲しいです!ではまたです☆

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。