HTMLとXHTMLってどう違うの?



こんにちは。

第一回目の今日はHTMLとXHTLの違いについての私なりの考察です

HTMLってなんだろう?

webを学習していく上でまずお目にかかるHTMLという言語。

これはHyper Text Markup Languageの頭文字をとったものです。
と言われても何の事やら…?
和訳して考えてみました。

HTMLとは、ちょうすごいことができちゃう文書!

Hyper Text・・・和訳すると「超文章」。普通のtextより、いろいろと「超すごいこと」ができる文章。とでも覚えておけばわかりやすそうです。

Markup Language・・・和訳すると「しるしづけの言語」。ふつうのメモ帳などで打った文章よりも、何か「すごいこと」(例えば別のページにクリックすれば飛べるリンクetc…)をしている部分をコンピューターに理解させる特別なしるしを付けて、コンピューター上に反映させる、と理解することができそうです。

つまり、HTMLとはふつうの文章に特別なしるしを付けて、超すごいtextを表示させちゃう言語ということになります。

HTMLは自由度が高かった。

そしてもうひとつHTMLの特徴として、自由度が高かったという特徴があります。

例えば本来W3C(ホームページの正しいソースの書き方の基準を決めている団体)では、HTMLは、文書の構造を決める言語であり、見栄えに関してはcssを使おうね☆としてきました。

しかし、本来見栄えに関するタグである所の<font color=red>などをhtmlの中に記述しても赤い色で表示されてしまう等HTMLは曖昧に記載しても表示されるケースがあった、のです。

わかればいいのではないの?

cssの中に赤色にしたい記述をしてもHTMLの中に記述してもぶっちゃけ見て変わらないなら、分かればいいんじゃないの??とも思います。

が、例えばものすごく古いPCなどを使用している場合制作側の意図とは違う表示結果になってしまったりするようです。

コンピューターの環境に左右されてしまうwebサイトになってしまう、ということです。
趣味レベルのホームページ作成であればそこまで大きな問題ではないのかもしれませんが、どのPCで見ても極力制作側が狙った通りの表示をさせる!というのは非常に大切なことです。

そこで!
もっと厳密に文書について定義して、コンピューターが認識しやすいものつくろうよー。と登場したのがXHTMLです。

XHTMLデビュー!

XHTMLはHTMLに比べ、タグを厳密に指定する必要があります。

例えば改行の際に用いる<br>はHTMLでは終了タグを入れても入れなくても改行されましたが、XHTMLでは<br></br>または、その省略型<br />と記載しなければならない決まりになっています。(終了タグ入れなくても表示はされますが正確には終了タグが必要です。。)

そしてこの記事を書く間にXHTMLの方がSEO対策にもいい、とどこかに書いてありましたがここら辺はまだよくわからない点です。(^^;)

2013年現在

そしてXHTMLからさらに文書型宣言を<!DOCTYPE html>とするHTML5に徐々に移行していく流れのようです。これはIE6でも認識可能のようです!IE6ユーザーが今世界中にどれだけ居るのかというのはひとまず置いといて、この記事を書いてなんとなくだけれど、ふぅんと流れが掴めた気がしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。